teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


れおさんお久しぶりです。

 投稿者:  投稿日:2011年 9月15日(木)18時55分49秒
  いや~、今日馬場さんに教えてもらうまで、気付きませんでした。
すみません。

HPが変わってから、何度か覗いたのですが、その時は書き込みなかったので、やはりこちらからはたらきかけないとダメなんだな~って思っていたのでした。

今は、読書感想から近況まで、もっぱらツイッタ―かフェイスブックに書き込むばかりで・・・いけませんね。

どうかこれに懲りずに、書き込んで下さいな。

ありがとございました。
 
 

書籍受取りました

 投稿者:大村・馬場  投稿日:2011年 9月 7日(水)18時46分35秒
   本日7日・アマゾンより注文の丸谷才一・たった一人の反乱が届きました。ありがとうございました。いい本でも、売れなければすぐに絶版になる世の中で、古書店とインターネットが頼みの綱です。
また、よろしくお願いします。
 

HP変わりましたね!

 投稿者:れお  投稿日:2011年 7月 1日(金)23時40分46秒
  お久しぶりです。
HPアクセスしたら、見つからないって出てきて…。
「長崎 夢屋」で検索して、また見つけましたよ~。

カッコイイですね。
また寄りますね。
 

どうも、どうも。

 投稿者:  投稿日:2010年12月 7日(火)17時55分13秒
  なんだかバタバタ仕事をしているつもりなのですが、気がついたらボ~と新聞を2時間も読んでいたり、さっきも店を閉めて友人とお茶に行ったまま数時間経って店に帰ってきたら、店頭に出しっぱなしにしていた商品を手に持ったまま、お客さんが店の前で待っていました。

身上潰す三代目のようですが、「私」を一代して、それで終わりと思っています。

もう、家内の実家で食べる正月料理を、ただ思い浮かべて、ニマニマとしているのであります。

桜の木さんが、近くにお住みだったら、常連になってもらって、店番を頼んでいたことでしょう。
(現実に、当店では賃金0円の体験店番をしてゆくお客さんが、多数います。)

これから寒い日も続くでしょうから、桜の木様も、お身体ご自愛ください。
 

お久しぶりです

 投稿者:桜の木  投稿日:2010年12月 4日(土)11時57分11秒
  お久しぶりです。
昨日の東京は物凄い風雨でとても外に出られないほどでした。

ところで今は主人と図書館通いをしていますが、図書館で日数を限られるのが私にはどうも
苦手です。
私は古書店経営者ではなく、古書店の客タイプの人間でしたから(笑)

店をやっていた時もよく主人に『店内で立ち読みするな』と叱られました。

あの頃桜台には高井先生や渡辺淳一先生の単行本の装幀画を書かれた日本画の先生などが見えました。(高い先生は本名で来られていましたから、サイン欲しかったのですが最後まで
黙っておりました。)
高井有一先生は主人の大学の先輩でもありましたし、主人は先生の文体が大好きだったようです。


朝日の書評家も来て居られ、謹呈本が多く入ってきたものでした。
今はその店舗跡には何もなくシャッターが閉まって桜並木だけになっていますが。

一つ先の練馬駅では松本零士さんもお見かけしました。

幼い頃から親の商売を手伝い、結婚したら主人の商売を手伝ってきた人生の中で、
どれだけ商売が面白く、また大変なものかを知ったような気がしています。

夢屋さんは凄い!と私は尊敬しています。
夢屋さんは何代目?そして跡取りは?
おおいに期待しています。

遠くなければきっと常連になっていた事でしょうに。全く残念!(ー_ー;)です!
 

客遠方より来るあり、亦楽しからずや

 投稿者:  投稿日:2010年10月 4日(月)15時51分32秒
  れお様

ご無沙汰です。
このように、昔の来店者から、一言声を掛けてもらうのが、なによりも嬉しいです。
なかには、赤ちゃんを連れて訪ねてくれる人もいて、一足先に孫を抱いているようなデレデレを味わっています。

年末年始、お盆になりますと、れお様と同じように、昔を懐かしんで顔を出してくれる常連(?)も増えてきました。
黄色いスタンプカードは、第4バージョンに入ってまだ健在ですが、桃太郎は、単身赴任で県外に出てしまいました。

店は、旧店舗から、12歩ほどの移転をしました。
旧店舗の右斜め前の文明堂さんの前に立ち、そこから見て、左斜め前に新店舗があります。
是非、帰省された折には、覗いてみて下さい。

星新一コーナーを作って、お待ちしています。

ありがとう!
 

懐かしいです

 投稿者:れお  投稿日:2010年10月 1日(金)21時31分52秒
  HPでははじめまして。
私は15,6年前の高校時代に夢屋の住吉町店に通ってました。
お小遣いなんて貰えない家でしたから、
時々くれるパン代の残りから「星 新一」の本をよく買ってました。
私がじっと探しているある日、
「また新しく本がたくさん入ったよ~」と声をかけてくださいました。
黄色のスタンプカード、
壁面のガラス戸棚にあった
古いけど、きれいな「桃太郎の本」が懐かしいです。
 

考え方

 投稿者:  投稿日:2010年 9月29日(水)17時47分9秒
  桜の木さん

結果が良ければ、何の理由であっても、良いと思っています。
(見方を変えたり、接し方を変えるのは、有効ですよね)

結果が悪い時は、困ったり、腹が立ったりしますが、なるべく外部のせい(社会だったり、他人だったり・・・)にはしないようにしたいと思っています。
かと言って、内省ばかりになってしまっては、辛くなりますので、隠し技を使って、適当にかわします。

えっ?隠し技ですか?

誰かの本で読んで、おっ!これは使えるかもと思ったのです。

「意識して動作をゆっくりとして、音をたてないようにする」

実際には、動作はあまり変わらなく(現実は、そう甘くありませんから)数秒間意識するだけなのですが、そう意識するだけで、視点が変わり、「まあ、いいか!」と思えるようになります。

要は、思考の視野狭窄から脱すること!なのでしょうね。
 

接し方

 投稿者:桜の木  投稿日:2010年 9月22日(水)22時39分7秒
  今朝のNHKで認知症について放映しており、ノートを取って勉強しました。

結果自分なりに出した答えは、母は忘れる頻度が甚だしいけれど、認知とまでは行ってない様子である。

私は母を『患者』の意識で接していれば全てうまくいくと思いました。

今日1日は患者に対するように接していました。
母は普段より穏やかで何となく嬉しそうでした。

常人だと思うと腹立たしくていつもケンカになるのに、患者だと思った途端にそれが消えたのは、何だろう?上から目線ではない積もりです。

以前病院で働いた時、患者さんに対する私の心にあったのは憐憫と忍耐と病に対する愛情でした。

『あなた(病気)の進行が遅いおかげで痛みもなかった。有難う』とか、『貴方(病気)のおかげで前よりリハビリに精を出すようになってくれた。ありがとう』とかって。

今は自分が自宅療養中ですが、色々と読書も出来、
母の介護も出来るので、そういった意味でも病気に感謝してます(笑)
 

夏の風 善太

 投稿者:  投稿日:2010年 9月21日(火)01時17分31秒
  北海道から、40日かけて、自転車で、野宿しながら、長崎まで。

ついに、19日20時58分、ドアチャイムを鳴らす。

10日ほど、我が家に逗留し、ヒッチハイクで、北海道に帰る。

まだ、旅の途上。
 

レンタル掲示板
/44