teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


等価の詩情

 投稿者:  投稿日:2010年 9月 7日(火)16時48分33秒
  浪様

あれから3晩ほど、エミさんに怒られる夢を見ました。
ご機嫌は、いかがでしょうか?

身を挺してチカヒロの口をふさぎ、ドアから引き剥がすべきでした。
お許しください。

あの晩に話した「農夫の悲哀と都会人の悲哀」は、吉本さんの思想的色彩も含めて、私なりの異論があったのですが、機会を逸してしまいました。

今度、阿蘇の空の下で、ご教授いただけましたら、幸いです。
 
 

残りの半分は?

 投稿者:  投稿日:2010年 9月 7日(火)15時57分26秒
  桜の木さん

私の師匠である「浪」さんが、いつも言っていました。

「人生の半分は、何かを探しているのだ!」と

今、桜の木さんは、お母さんを、お母さんは、娘を、求め、探しているのでしょう。

我が家もそうですが、母と娘の手探りは特別で、父親としての私は、少し寂しさを感じる時も、あるのです。

焦らず、落胆せず、その時々の「何か」を、探してゆきたいと思います。
 

母と娘

 投稿者:桜の木  投稿日:2010年 9月 5日(日)11時55分54秒
  私の母も86歳。プライドが高く、身体は健康なのですが、とにかく よく重要な物を亡くすのです。
それは、暇に飽かして昔の難しい書類を引っ張り出し、すっかり忘却しているにも拘らず、
これが何だか判らない~!と嘆き、整理するのだと言って全部出しては違うところに置き、その事自体を忘れ、翌日には『失くしてしまった~』と青くなっている…そんな母の後を私は追いかけて日々が無為に過ぎています。

時々イライラして声が大きくなり、自己嫌悪になりますが、デイサービスに頼むほどでもなく、私の言うとおりに整理してもくれないのです。

自分の中にモヤモヤが溜まったときは、夢さんみたいに『遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん』って思います。

遊んで帰って母に優しくなれるなら、その遊びは有意義だと…。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2010年 9月 4日(土)21時21分36秒
  お久しぶりです。
一日の内1時間から2時間、僕の自由になる時間が有ります。この時間を利用して吉本の幻想3部作を自分なりに読み込んでみよう、併せて「心とは何か」像を組み込む事が出来ればと思い、柄にも無い事をやっている次第です。いつ中断するやも知れぬ心もとない作業ですがチョッと本気でもあるのです。見たいテレビがあればそちらに向かい、気にかかる本を手に取ったりでなかなか思うように進みませんが、それでも毎日、できれば最低30分位はその事に思いをめぐらせたり関連の本を読んだりで継続を心がけているような次第です。

一晩に排便の処理を7回。これが今までの最高。そんな時は気持ちが高揚するのか興奮するのか向う気分になっていて頭で考える程難しい事でないような気がしたな。いつか話したことがあると思いますが僕の入浴時間が15分、相方の入浴時間が一時間、その差45分の困難さが介護とやらの困難さだという気がします。
仕事場でも自宅でも弱者といわれる人に囲まれていますが「介護」とか「福祉」とかとは真正面から向き合う事がないようにと努めています。
丁度、戸畑夢屋がどんなに生活の糧の主要な部分を占めようと所詮バイトであるようにです。

久しぶりで気の向くままに書き込みました。
何事も流れるままにと思いながらどこかで
 「智力、腕力、思想、見識、すべてをあげて闘うぞ」
気負ってしまうようです。

女房殿が激しい鎮痛剤を投与されその日は終日痛みを感じないで済むようで熊本夢屋に集合がかかったら是非といってます。その節は宜しく。
 

身体的時間

 投稿者:  投稿日:2010年 9月 4日(土)13時18分55秒
  『パンツは一生の友だち 排泄ケアナース実践録』 西村かおる 現代書館

私にとっては、深い思想書であった。
一つの話を読んだ後、翌日まで自分の中でしっかり抱え、次の一つの話に進む・・・・
しばらくは、彼女を追ってみようと思う。

話題の柄谷や難しい本は、ちっとも食指が動かないのだ。
 

まだまだ!

 投稿者:  投稿日:2010年 8月30日(月)11時11分12秒
  コンサートの成功、おめでとうございます。
HPも拝見させていただきましたが、かっこよかですね。

我が息子は、彼女と二人で、タイ、ベトナム、カンボジアを1ヶ月以上かけて、のんびりと周る旅に出ています。
昨日、旅立って初めての連絡があったのですが、ベトナムの古都フエにいるそうで、1泊二人で(!)400円の宿などを見つけながらの貧乏旅行です。

私も負けずに、もっと遊びに集中したいと思っています。

「遊びやせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん」
 

ええんです。

 投稿者:  投稿日:2010年 8月 4日(水)16時41分34秒
  どんどん書いてください。

「自分のため」に書くのですから、下手とか上手とか、生じないはずです。
面白い夢や、怖い夢、わけが分からない夢があっても、下手な夢がないのと同じです。
何かを書くのも、話す(放す・離す)のも、言葉(意識)を手に入れてしまった人間の宿業のようなものです。

ええんです。
どんどん書いてください。
 

 投稿者:桜の木  投稿日:2010年 7月28日(水)10時46分15秒
  夢屋さん、いつも深い!!
私はいつも教えられます。下手な啓発やビジネス書読むよりずっと勉強になります。

今、童話を書いてます。下手です。いきづまってます(笑)
でも、昔から書きたかったので、独りよがりの喜びもあっていいんじゃないかと思ってます。

小さいときから、鮮烈な夢を見る子供でした。夏目漱石の夢十夜を読んでからは、夢日記をつけていました。
父が無くなってからも不思議な夢を見続けました。

童話の世界は、夢の世界だと思っています。そこには摩訶不思議も許される。
子供のためと言うより、自分の為の童話になってるけど・・・下手だから仕方ないですね(笑)
 

私も立ち読みしたので、ありました。

 投稿者:  投稿日:2010年 7月24日(土)16時22分52秒
  人や子どもが放たれると言うのは、もちろん精神性のものでありまして、親元にいようが、結婚なんてしなくても、そんなことは、どうでもいいのであります。
何かを決める時に、親に決めてもらうとか、決めること自体が出来ないとかで「なけれ」ば、息子さん達のように、「勝手に」放たれるはずだと、思っています。

一番放たれるのが難しいのは、やはり「自分」からでしょう。

優れた語録と言うのは、先人達が「自分自身」を放つために、自己問答を繰り広げた痕跡だと思っています。

正直に言うと、「自分」と「話し」をすることで「自分」を「放す」行為が、根本的な行為であって、他者に向けて「話し」ているような「書物」は、ありがたいけど、付属的なものでしかないと思うのです。

偉大な著者や書物や思想よりも、読んで何かを感じたり、笑ったり、自分で偽らない決意をしたりの自己対話が、最も大切なことであり、本質的なことだと思っています。
 

語録

 投稿者:桜の木  投稿日:2010年 7月23日(金)10時20分37秒
  昨日、本屋さんでニーチェ語録を立ち読みしました。

昔、父から『本を何も考えずにパッと開いてそこの内容が現在の自分の有り様に一致する事が多いんだよ。』って聞かされたことが有りました。
『たとえ全部読破しなくても、その1ページが自分の実になればその本を買った意味は大いにあるからね。』とも言われました。

そのせいもあって、○○語録とかビジネス書の場合、私はいつも全部は読めないので、
そういった形で読みます。が、昨日のニーチェの本もパッと開いたところに、
【精神性の高い人はバカ笑いをしない】とありました。
その他色々に当てはまることが開くたびに書いてあったので驚きました。

笑う事について言えば、私は豪快に声を立てて笑う性質なのでこれはちょっとびっくり。
っていうか勉強になりました。
その理由も書いてありましたが、本当に納得したし。

だからといって自分を偽る事はしたく有りません。
仕方ない事。これからもっともっと自分磨きにせいをだしますか!(^^;)


そう思って考えさせられた1日でした。
 

レンタル掲示板
/44